遺伝で胸が小さい場合バストアップすることはできるのか

バストサイズが遺伝する可能性

30代女性のバストアップ方法と効果

バストサイズが小さい方が良く口にするのが、母親も小さいからそれが遺伝したと言う物になります。

 

確かに親からの子に遺伝する物として、身長などの体格や顔立ちなどが挙げられます。なので当然バストサイズもそうである可能性が高いのですが、この場合は本人が何もしないで成長した時の話になります。

 

基本的に、親から子へ確実にバストサイズが受け継がれるとは言えません。これは本人の努力次第でバストアップが可能になる事が理由で、何もしなかった場合のみ似てしまう傾向が見られると言う事になります。

 

また遺伝によってバストアップしにくいなどの可能性もありますが、母親のバストサイズが小さいからと言って子供のバストアップが不可能と言う事はありません。
実際に一般的な母親世代である40代の女性でもバストアップは可能になりますので、親から子に与えられる影響は小さなものだとされています。

バストが大きくなる仕組みとは

バストアップを考えた時には、まずはバストを大きくする仕組みを知っておく事が重要になります。

 

基本的に、女性のバストは大胸筋を土台として乳腺と脂肪で構成されています。そしてそのバストを支えているのがクーパー靭帯で、主にこの四つでバストは出来ています。

 

またこの中でも最も重要なのは乳腺で、乳腺の周りに脂肪がつくことでバストは大きくなっていきます。

 

そして乳腺を発達させるためには女性ホルモンのエストロゲンが必要で、エストロゲンの分泌量などは親から受け継がれる可能性があります。

 

なので、このホルモンの分泌量を補う事ができれば母親のバストが小さくても子供のバストを大きくする事は可能になります。

 

なお、その際には普段の食生活が重要なポイントになるとされています。

母親とバストサイズが似る理由について

上記のように、バストを大きくするためには女性ホルモンの分泌量を増やすことが重要になります。そして、このポイントこそがバストが親に似てしまう原因になっています。

 

これは普段からの食生活が主な理由になっていて、基本的に同じ物を食べていますので摂取できる栄養も同じものになります。なので、バストの小さな母親と同じ食事をしている子供は必然的に小さくなる傾向が強くなります。

 

したがって、子供がバストを大きくするためには親とは違った食事などに気をつける必要があります。ただバランスの良い食事は重要な物になりますので、キチンと食事をする事に加えてサプリメントなどで補う事が良いとされています。

 

またその他にも睡眠時間なども影響しますので、その様な意味では親の影響は大きいとされています。