バストアップサプリの副作用

どうやってバストアップするのか

そもそもバストアップサプリを飲むとなぜ、バストに効果があるのでしょうか。基本的には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれています。人気があるのはプエラリアミリフィカです。大豆イソフラボンも人気があります。

 

イソフラボンは、女性ホルモンと形が似ています。だから、女性らしいボディラインを作るために必要です。イソフラボンを毎日摂取し続ければ、女性ホルモンが足りなくなることはないでしょうから、バストアップして、ウエストがくびれる人がたくさんいます。

 

これだけの効果が期待されますが、その一方で副作用のために、服用を中止した女性もたくさんいます。なぜ、効果が出た人とそうでない人がいるのか。もしかしたら、飲み方に違いがあったのかもしれません。

どんな副作用があるのか

30代女性のバストアップ方法と効果

 

バストアップサプリを飲んで体調を崩した人が感じた症状はいろいろあります。

 

不正出血が起こった人は多いです。また、生理不順を起こすこともあります。生理痛などがあった人が改善した口コミもありますが、逆に生理が遅れたなどを感じた人もいます。

 

また、吐き気がしたり、頭痛に苦しむこともあります。浮腫みがひどくなった人もいますし、動悸がしたり、腹痛でつらい思いをするなど、症状は人によってかなり違います。

 

生理痛と同じような症状が出ることも少なくありません。女性ホルモンが関係していますから、生理痛と似た症状になることもあります。どの症状であっても、強くなれば日常生活に支障が出てしまいます。あまりにもつらい場合は、無理をしないで服用を中止して、医療機関を受診するなどしてください。

飲み方を間違っている可能性

人によって副作用が出たり出なかったりしますが、つらい副作用が出た人は、間違った飲み方をしている可能性があります。女性ホルモンは2種類あり、イソフラボンなどサプリに入っている成分はエストロゲンと似た働きをします。生理から排卵期までにたくさん分泌される成分です。

 

排卵期から生理まではプロゲステロンが多く分泌されるので、この時期にバストアップサプリを服用してしまうと、かえって大量を崩す恐れがあります。1か月の中で、生理から排卵期まで服用して、それ以外は服用しないようにしてみましょう。そうすると、体調を崩さなくて済むはずです。最もバストアップ効果がある時期に服用していますので、きっとバストが大きくなったり、ウエストが細くなるなどの効果もあるはずです。